金曜日通信 11・4 NAZENえひめ・Aさんへの不当弾圧弾劾!

11月11日、伊方原発の避難訓練反対・即時廃炉を!! NAZEえひめのAさんへの弾圧やめろ! 〈昨年の避難訓練への抗議行動・愛媛県庁前〉 金曜日行動ごくろうさまです。 いよいよ、明日国際連集会、そして明後日は11.6全国労働者総決起集会です。最後まで全力で参加をよびかけましょう。韓国ではパククネを倒せと民主労総が渾身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信 10月28日 福島の怒りをともに

金曜日行動ご苦労様です。今日は11.6全国労働者総決起集会を成功させるため、八丁堀街宣に合流です。10月20日には、「怒りの福島大行動」が開催されました。「被曝と帰還の強制、住宅支援の打ち切り、甲状腺検査の縮小を許さず、11月国際共同行動から来年の3・11へ、国際連帯とストライキの力で戦争も原発もない社会の実現へ闘おう」と、福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信 10・21国際反戦デーヒロシマ反戦デモ!!

 金曜日行動ご苦労様です。今日は10.21国際反戦デーです。18時30分に原爆ドーム前集合で、市内デモがありますのでそちらに参加します。今ほど戦争を止める国際連帯が必要な時はありません。韓国で民主労総がゼネストに立ち上がっています。これを押しつぶし、一握りの資本家・支配者が朝鮮半島で戦争をやろうとしています。職場・地域・学園から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大瀧慈さん講演収録『序局第13号』

「ヒロシマとフクシマにおける被曝による健康影響」    広島大学名誉教授  大瀧 慈  7月18日、8・6ヒロシマ大行動実行委員会主催で開かれた講演会が、収載されています。 「広島でタブーとされてきた内部被曝の影響について科学的解明に尽力され、広島と福島の内部被曝を告発している。講演では精緻な図表を多用されたが、限定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信・9月2日 11・6全国労働者集会実行委員会

動労西日本共催、三江線廃止絶対反対写真展・星野文昭絵画展コラボ企画 金曜日行動ごくろうさまです。今日の中電前の金曜日行動は11月集会実行委員会のため中止です。11月集会実行委員会は18時30分から東区民文化センターにて。皆さんぜひご参加下さい。三江線廃止が発表されました。動労西日本が絶対反対で闘っています。原発事故の避難訓練が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信 8月26日 全原発廃炉へ!被曝労働拒否

(写真 愛媛県職労の中村圭司副委員長が「被曝労働拒否」の訴え【8月11日 伊方原発ゲート前】) 金曜日行動ごくろうさまです。「廃炉時代が幕開け」ということは被曝労働が問題になるということ。労働者の健康よりもうけが優先されるからこそ、内部被曝の問題は無視されて続けてきました。大瀧先生が内部被曝は決して低線量ではないことを「数式」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8・6ヒロシマ大行動・国際連帯と団結の力を実感!!

8・6ヒロシマ大行動   被ばく71年目を迎える、ヒロシマ 参加されたみなさん、お疲れ様でした。 オバマ大統領の広島訪問で、世界から注目が集まっていますが、 核と戦争をなくすのは、誰なのか、はっきりさせましょう! 職場で地域で、日々生きるために、労働している、労働者・市民が 若者と、壮年・高齢者、正規非正規の分断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信 8月12日 伊方原発再稼働弾劾!

8・6ヒロシマ大行動、愛媛県職員労働組合も参加。(「反戦」の旗) 伊方原発は、労働組合・住民の力で止めよう!廃炉にしようと呼びかけました。 今日は金曜日 伊方原発3号機が再稼働しました。本日17時30分、中電前行動に全力で集まりましょう! 世耕経産相はプルサーマル原発の再稼働について「核燃料サイクルの推進という観点か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8・6ヒロシマ大行動、8・5保養交流集会へ!

8月5日、「避難・保養・医療交流会」の案内チラシがやっとできました! 8・6ヒロシマ大行動の関連行事として、8月5日、午後4時~6時、広島市、東区民文化センター、スタジオ1で行います。 昨年は、ヒロシマに保養に来られた、お母さん達の声を聞くことができ、保養の持つ大きな力、広がりを実感しました。今年のプログラムは、 あらため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7・17伊方原発再稼働反対集会から 7.18大瀧講演会へ!

本日、伊方原発再稼働阻止、坊ちゃん広場集会。 たくさんの方の発言があり、思いが伝わり、とても感動的な集会でした。 愛媛県職員労働組合の皆さん大変お疲れ様でした。 自治体労働者の方の、住民と共に生きるという、労働の誇りが伝わり、 四電(四国電力)の労働者へ、ともに、原発に反対しようという呼びかけもものすごくリアルに感じました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信・7月15日

金曜日行動ごくろうさまです。 今週から中電前行動再開です。参院選で鈴木たつおさんとともに闘う16187票が! 福島・沖縄そして鹿児島県知事選と、労働者民衆の怒りが渦巻いています。野党共闘に託すのではなく、鈴木さんを先頭にいっしょに闘う中にこそ展望があります。12日には、被曝を強制する常磐線延伸に対して、動労水戸のストライキを先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信・7月1日 7.17伊方原発再稼働阻止・坊ちゃん広場集会

金曜日行動ごくろうさまです。今日の中電前行動は参院選のためおやすみです。 伊方原発の再稼働に向け核燃料の搬入がはじまりました。老朽原発の再稼働の動きも、高浜1・2号機に続いて美浜3号機の安全審査も駆け込みで進められています。「被ばくさせない~福島の怒りとともに全原発廃炉!」をかかげて参院選を闘っている鈴木たつおさんとともに闘い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島保養・支援のお願い~福島のお母さんの思い

あらためて、保養の支援をお願いします。 安芸太田保養支援グル―プとNAZENヒロシマは、昨年7月22日から8月15日までの期間、6家族(大人7名、中高生1名、小学生2、幼児4名)に、各々4日間から12日間被ばくに脅かされることのない本来の普通の生活を送っていただきました。 今夏も被ばくから遠ざかりゆっくり日常の生活を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信 6月24日 ☆ 参議院選挙 東京選挙区、鈴木たつおさんを推薦!

今日は8・6大行動実行委員会のため中電前行動はおやすみです。 参院選がスタートしました。舛添の次は安倍をストライキで倒そう! NAZEN呼びかけ人の鈴木たつおさんを押し立てて闘いましょう。 鈴木たつおさんの訴え ◆新しい労働者の党をつくろう! ◆アベを倒せ! ◆改憲・戦争を許さない! ◆被ばくさせない~福島の怒りと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安芸太田町・今年の夏の保養の募集は締め切りました。

保養を希望される、方々の思いに、なんとか応えたいという思いですが、 現在、昨年保養に来られた家族が4家族、新しい申し込みの家族が4家族、現在保留の家族が3組という状況で、募集は締め切らせていただきたいと思います。    福島からの保養への支援をお願いします 安芸太田保養支援グル―プとNAZENヒロシマは、昨年7月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安芸太田町でイラク報告会・開催(セイブ・ザ・イラクチルドレン)

安芸太田町で イラク人医師、フサーム・サリッヒさんの、イラク報告会 セイブ・ザ・イラクチルドレン広島主催 イラクでは、1991年の湾岸戦争や2003年のイラク戦争でアメリカが使用した劣化ウラン弾の影響により白血病や癌が増加しています。 また、アメリカによる武力介入と、イラク人分断による占領支配は、今もってイラクを混迷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信・6月10日 ☆ミ JR常磐線開通反対

金曜日行動ごくろうさまです。今日は都合により中電前行動は中止です。 オバマ政権がNPT未加盟のインドに原発輸出するそうです。オバマの核廃絶がいかにペテンか改めてはっきりしました。オバマ来広絶対反対の闘いを徹底的にはっきりさせていく中で、核と戦争を廃絶する道が大きく前進すると。8・6広島大行動の成功へ向けて、6・5国鉄集会の成功をひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の夏、安芸太田町で親子保養のご案内

今年も、自然豊かな、安芸太田町で、おやこ保養を呼びかけます。 福島では、「ふくしま共同診療所」にも案内しています。 ご連絡は直接でも大丈夫です。 また、保養の活動に、協力・サポートお願いできる方も、募集しています。 安芸太田は、広島市内からは、中国道を使えば、車で1時間。 送迎や子どもたちとの遊び、その他い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日通信・6月3日 

金曜日行動ごくろうさまです。 オバマ来広絶対反対でデモをやりぬいて、核戦争にむけた攻撃を根本から打ちくだく重要な起点となる闘いになったと思います。歓迎キャンペーンの中ヒロシマの怒りを解き放つことができました。「謝罪がなかったのは残念」といった論調も出てきました。しかし核心はオバマや安倍は核戦争を準備するために来たということです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more