2.11NAZENヒロシマ3周年、『A2-B-C』上映会・ふくしま診療所報告会

画像


2・11NAZENヒロシマ結成3周年集会、約100人の方に参加いただき、熱気に満ちた会となりました。

第1部は映画『A2BC』上映会、第2部は杉井吉彦医師による福島共同診療所報告会。

上映会では、全員がスクリーンに釘付けとなり、「3・11福島」の原点の怒りを共有しました。

NAZENヒロシマよびかけ人の吉原美玲子さんが、主催者あいさつで、被爆者として福島に寄せる強い思いを語り、共同診療所への支援を呼びかけました。

画像


杉井医師から、広島で報告することの意義深さがまず語られ、3・11から4年目の福島の現実(汚染水も除染も仮設住宅の問題も何ひとつ解決しない)、甲状腺がん多発の問題、いまなすべきことが1時間半近くにわたって提起されました。そして「避難・保養・医療」の原則をみなさんの方針にしてほしいと訴えられました。

画像


画像


質疑応答後、動労水戸支援共闘結成の呼びかけ、福島大での学生弾圧との闘い、3・11への結集の訴えなどがなされ、室本けい子さんが診療所と保養運動支援のカンパをアピール。最後によびかけ人の大江厚子さんがNAZENヒロシマ3周年迎えてのアピールを行い、「4年目の3・11、被爆70周年の8・6を福島の怒りを共にし、世界中で《命よりカネ》の新自由主義と闘う労働者・民衆と連帯して、安倍政権を倒す闘いに挑みましょう」と力強く呼びかけました。

画像


画像


《寄せられた、45853円のカンパは、ふくしま共同診療所へ送ります。》

画像




"2.11NAZENヒロシマ3周年、『A2-B-C』上映会・ふくしま診療所報告会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント