3・8 被曝・医療福島シンポジウム 広島からも参加を!

画像


2.11報告会でも、ふくしま診療所、杉井医師から呼びかけられています。

‥2012年、ふくしま共同診療所が開院してから、多くの医師や医療関係者の協力のもとで被曝による健康被害と向き合い、あるいは仮設住宅を訪問し、住民に寄り添った医療活動を行ってきました。その中で、次のような課題が浮き彫りとなっています。
① 小児甲状腺がんが多発しており、甲状腺に限定されない非がん性障害も懸念されます。これらに対する対策が必要とされたいます。
② 「安全・安心」のキャンペーンに対しては、科学的な批判と正しい情報を住民に提供していく必要があります。
③ 増加する「震災関連死」に対して、医療的・社会的な援助と防止策を立てなければなりません。
④ 「避難・保養・医療」の原則に立って、医療活動を強化していくことが求められています。

 4年目の「3・11」を前にして、被曝と向き合う医療をいかに実践していくのか。
「安全・安心」の空文句で福島の人々が切り捨てられることを、決して許してはなりません。
チェルノブイリや世界的な教訓から学び、福島県に暮らす人たちの生の声に耳を傾け、ともに討論しながら福島の課題とその克服に迫っていければと考えます。

《賛同人》
今井 重信 (湘南中央病院理事長)
南川 逸雄 (南川げんきクリニック院長)
山口 研一郎 (現代医療を考える会代表)
郷地 秀夫 (東神戸診療所所長)
黒岩 卓夫 (医療法人萌気会理事長)
末光 道正 (八尾北医療センター長)
春日井 清 (内科医 青森県)
遠藤 順子 (医師)
武田 啓治 (医師)
東 顯 (医師
松本 文六 (医師)  1月31日現在

画像


子どもたちの未来を守る取り組みを。私たちが。
ご協力・ご支援・よろしくお願いします。

NAZENヒロシマ事務局連絡先:TEL・FAX082-221-7631




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック